カップルのマンネリ解消におすすめ 女性フェロモン香水

カップルのマンネリ解消におすすめ!ベッドの盛り上がりがすごい女性用フェロモン香水。

  • 彼氏がなかなか誘ってこなくなっった
  • 私から誘ってもいるんだけど、わかってないふりをしている
  • そもそも私のほうが彼とエッチしなくてもなんとも思わなくなってきてしまったかも…

 

こんなことがあると、ひょっとして私たちマンネリなの!?って不安になりませんか??

 

そんな、お互いのマンネリに対する不安解消にぴったりな女性用フェロモン香水をご紹介します。

 

そもそも何がマンネリの原因なの?

 

男女関係がマンネリになるというのは、生活感が入ってくるからというのがひとつ原因としてあるでしょうね。

 

あと、一緒にいる時間が長くなりすぎて、嫌な部分も見えてきてしまうから、どうしても良い部分ばかリ見えていた付き合いはじめの頃よりも「好き」という感情が冷めていってしまうものです。

 

夫婦ともなるとなおさらです。

 

マンネリな関係

 

夫婦でずっと仲良くできていて、夜の生活も積極的にあるっていうのは、よほど二人のフィーリングがぴったり合っているのでしょう。

 

まあ、人それぞれ、カップルそれぞれなんですけども、マンネリになってしまうカップルは確かに存在すると思います。

 

男女の関係を意識しないとあまりマンネリは感じない。少し距離を作ることが鍵です。

 

ちなみにうちは別に「マンネリ」という感覚はありませんね。

 

マンネリって、やっぱり男女の関係を意識しないとそんなに感じることがないものです。

 

うちは、私にも夫にもあまり男女関係の意識はありません。

 

どちらかというと、同士というか、友達同士のような関係。

 

いつも一緒に行動しているわけでもないし、お互いに気を使うところは気を使っているということもあって、どちらにとっても「ウザく」なくて、適度に距離を保っているところが良いのでしょうね。

 

マンネリになるのは、ちょっと距離が近すぎるからなんだと思います。

 

少し距離を置くようにすると、少しマンネリが解消するものです。

 

距離を置く

 

一緒にいる時間が短くなると、生活感が大分消えますしね。

 

嫌な部分も見えなくなっていきますしね。

 

お互いに少し寂しくなったりしてね。(*´ω`*)

 

お互いの信用がし切れないと関係が悪くなるほうに向かう恐れも…

 

でも、それも限度があります。

 

この処置をするのは、お互いに相手を信用しているばあい。

 

お互いの信用がし切れないと、疑心暗鬼になり、仲がどんどん険悪になります。

 

カップルって、お互いを信用することで成立するので、信用できなくなると、信用できる相手が他に欲しくなってしまうのです。

 

そこでどちらかが浮気するとかで破綻していってしまう…っていうことが起こってしまうのです…

 

夫婦関係の破たん

 

って、それは極端な例です。

 

ちょっと互いに気を使って自分のことはなるべく自分でやるとか、いつも家にいてばかりいないで外に出て友達を作るようにすると、少し様子が違ってきます。

 

そう、相手が少し淋しく思ってしまうというシチュエーションをつくるのがポイントなのです。

 

男性を惹き付けてしまう香水で、ご無沙汰が淋しくてたまらなくなるシチュエーションづくりとか。

 

そこで、マンネリ解消に使える香水があります。

 

「リビドーロゼ」という香水です。

 

リビドーロゼ

 

リビドーロゼはフェロモン様成分が入っていて、男性を惹き付けてしまう力のある香水です。

 

私もお試しを購入してみました。

 

これをつけて、夫と食事をしたところ、くっついて離れなくなりました。

 

ベタベタくっついて離れない夫

 

まあ、夫には話をしたうえで、香りをかいでもらったのですけども。

 

香水のせいだとわかっていながら、ついふらふらとついていてしまう。

 

最初はなんともなかったけど、5分くらいでなんか癖になったそうです。

 

この香水はベッドでは気分の高揚とともに、香りが変化するようにできていて、エッチをドラマチックにします。

 

さらに、嗅がせているほうの女性も盛りあがるように、香りの変化が工夫されているのです!

 

男も女も「しらふ」でいられるところがないんです!

 

こんな香水を彼氏にかがせてですね、しばらくご無沙汰してしまったらどうでしょうか?

 

きっと淋しくてたまらなくなりますよ。お互いにね(^_^;)

 

抱き合って寝る

 

これ、マンネリ解消だけでなく、浮気防止にもぜんぜん使えると思います。

 

ただ、このリビドーロゼはひとつだけネックがあるんですよ。

 

このフェロモン香水、ベッドに入って肌を密着させたときの興奮を高めるためのものなので、若干香りがほのか目なんですね。

 

もちろん、フェロモン香水なんで、しっかり鼻に残るんですけども、ベッドに誘うんではなくて、気を引きたいくらいだと、身体の露出している部分、または髪なんかにつけたほうがよいですね。

 

ちょっとしっかり目に。

 

ヘアトリートメントタイプのヘアオイル「ナデテ」とリビドーロゼを少量ずつ併用するのがよいでしょう

 

同じ男性を誘う香水のシリーズに「ナデテ」があります。

 

ナデテ

 

これは髪につける、洗い流さないタイプのトリートメントで、それこそお風呂上がりのような髪の香りで男性を誘えるというコンセプトです。

 

こちらは、デートなんかで使うことを想定しているので、少し香りがリビドーロゼよりも強めです。

 

ただ、リビドーロゼのオスモフェリンのようなホルモン様成分は入っていないので、リビドーロゼよりも惹き付ける力は少な目です。

 

まあ、外ではベッドに誘えないですもんね(^_^.)

 

また、髪につけるには、ちょっと内容量が少ないなあ、勿体ないなと感じてしまいます。

 

私はリビドーロゼ、ナデテ少々。両方つけたらいいでしょうね。

 

ナデテは3種類ありますけども、「ナデテ ロゼ」はリビドーロゼと同じ香りですので、その組み合わせがいいかなと思います。

 

 

※このページで紹介した商品を簡単に紹介します。
リビドーロゼ2018


「オスモフェリン(コピュリン)」という合成フェロモンを配合している女性用香水です。
オスモフェリンは男性の嗅覚を刺激する成分なようです。
オスモフェリンのほかにはイランイラン花油、クランベリー果汁、キイチゴ果汁、ブドウ葉エキスといった天然の香料が入るので、ほのかに柔らかく甘酸っぱくて甘い香りが広がります。
香料には、オスモフェリンを含め、となんと80種類もの原料を調合してあり、行為の進行により複雑な香りの変化を楽しめます。
ほのかな良い香りなのに、男性の鼻には強烈に印象に残り、離れたくなくなるようです。
これをつけてベッドに入ったら、確かに相手はずっと虜になっちゃいますよね…(*´ω`*)
良く調合できてるな、と思います。
お試しセットは、リビドーロゼのフルサイズに、いろいろコスメのサンプルに特典がつきます。
お試しは消費税、送料込みで4,000円ほどですが、本体の量が30mlとなかなか多いので、お得感がありますよ。


リビドーロゼ


リビドーロゼ公式ページへ

 

※ ⇒ 実際にリビドーロゼをつけてみた、詳しいレビューページへ。
※リビドーロゼには800を超える口コミがあります。レビューページに口コミの一部要約と、口コミページへのリンクを記載しています。ご自分の境遇に似た事例をさがしていただけると思います。

 

 

※このページで紹介した商品を簡単に紹介します。
ナデテ


ナデテは「洗い流さないヘアトリートメント」。ヘアオイルです。
普通のヘアオイルと違い、男性が好きなお風呂上がりのシャンプーやせっけんのかおりを連想させる芳香を髪にまとわせてくれます。
また、伸びのとてもよいジェルのようなトリートメントを髪に伸ばすと、指通りよく、サラサラ、ツヤツヤになりますから、きれいな髪を演出できます。
ただ、容量が50mlとちょっと少なくて、髪の長い人は少ないと思われるかもしれません。そこがネックです。
彼にかなり近づけるチャンスがあるときにつけておきたいです。
髪に伸ばせばすぐに乾くので、化粧室などでつけても大丈夫です。
香りの種類は3種類


「ナデテ ロゼ」フローラルベリーの香り
「ナデテ シャボン」マンダリンオレンジシャボンの香り
「ナデテ マスカット」マスカットの香り


があります。


一番人気は「ナデテ ロゼ」。新製品の「ナデテ マスカット」もかなり人気があるみたいです。
1本が安価なので、お試しはありません。


ナデテ


 

※ ⇒ 実際にナデテをつけてみた、詳しいレビューページへ。
※ナデテには800を超える口コミがあります。レビューページに口コミの一部要約と、口コミページへのリンクを記載しています。ご自分の境遇に似た事例をさがしていただけると思います。

 

リビドー、ナデテにはいくつか種類がありましたが、現在はロゼのみとなっています。
2017年末に香りの原料の一部を作っていた海外の工場が焼失してしまい、原料が足りなくなったことで製造が難しくなったため。ということです。
現在、工場は復旧を目指しているものの、現時点では同じ原料を作れない状態で、ラインナップが減っています。
生産体制が整って来たら、その他の香りのラインナップもリリースされるかもしれません。

 

トップページへもどる

page top